荻山 悟史

Satoshi Ogiyama


1984年3月

東京都渋谷区生まれ 二児の父


株式会社BODYTECT

代表取締役


専門学校を卒業後、2年間のフィットネスクラブ勤務を経て独立しました。2007年から目白と軽井沢を拠点にトレーナー活動をしています。出張レッスンで初めて訪れた軽井沢の地に魅了されたことから軽井沢にも拠点を作り、出張パーソナルトレーニングを年間通して行っています。夏はゴルフ、冬はスノーボードを楽しみながら東京と軽井沢の2拠点生活をしています。


これまで小学生から80代まで、たくさんの方と一緒にトレーニングをしてきました。負荷ありきではなく、お客さまの身体を丁寧に診ることを大切にサポートしています。


最近では演奏家の方からトレーニングの依頼を受けることが多くなりました。演奏家に必要な日々の身体作りはもちろん、コンサート当日に会場で行うボディケアも好評をいただいております。より良い演奏に必要なトレーニングや腱鞘炎、肩こりの改善などお任せください。2013年に出版した著書「演奏者のカラダストレッチは現在、第6刷となりました。トレーニング未経験の方でも安心して取り組んでいただける内容になっています。


2018年から2年間かけて一般社団法人TSBBC 鈴木尚広(元読売ジャイアンツ)ベースボールクリニックを卒業しました。野球に限らずスポーツの競技力向上のためのトレーニング指導には自信を持っています。


頭からつま先まで全身の身体の状態を確認して、ひとりひとりと向き合ってトレーニングを提案することを約束しますので安心してトレーニングにいらしてください。スポーツや芸術を楽しみながら健康に生活できるよう皆さまのサポートをさせていただきます。




【セミナー・講習会 実績】

2016年12月

東京みなとロータリークラブ 卓話講演

2015年4月

音楽プロデューサー協会 勉強会講師

2012年6月

ピラティスインストラクターのための徒手抵抗で行うファンクショナルトレーニング 講習会

2012年4月

昭和音楽大学クラリネット科 身体のケア方法とトレーニング実技の講習会

2009年10月~2010年9月

平尾はるなピアノアカデミー講師

2008年8月

東京音楽大学ヴァイオリン科 トレーニング体験講習会



【メディア出演】

2013年3月

sora×niwaFM「原宿今昔物語」 ゲスト出演

2011年2月

FM軽井沢「THE WORLD FAMOUS KARUIZAWA」 ゲスト出演

2011年5月

FM軽井沢「THE WORLD FAMOUS KARUIZAWA」 ゲスト出演

2010年2月

FM軽井沢「THE WORLD FAMOUS KARUIZAWA」 ゲスト出演


【監修書籍・雑誌】

2020年9月

読売新聞「防災ニッポン」避難所でできるエクササイズ監修

2017年

「月刊現代ギター」8月号ギター演奏のクールダウン方法 監修

2015年

「月刊現代ギター」10月号ギター演奏のためのカラダストレッチ後編 監修

「月刊現代ギター」9月号ギター演奏のためのカラダストレッチ前編 監修

フルート専門誌「THE FLUTE」8月号 インタビュー記事掲載

2013年

書籍「必ず役立つ吹奏楽ハンドブック」からだメンテナンス編 監修

書籍「必ず役立つ吹奏楽ハンドブック」呼吸編 監修

2012年

ピアノ音楽誌「ムジカノーヴァ」 コラム掲載

吹奏楽誌「GO!GO!吹奏楽レベルアップ」 トランペット編 監修

吹奏楽誌「GO!GO!吹奏楽レベルアップ」 フルート編 監修

吹奏楽誌「GO!GO!吹奏楽レベルアップ」 クラリネット編 監修

吹奏楽誌「GO!GO!吹奏楽レベルアップ」 サクソフォン編 監修

吹奏楽誌「GO!GO!吹奏楽レベルアップ」 トロンボーン編 監修

2011年 書籍「必ず役立つ吹奏楽ハンドブック」監修

2008~2011年 吹奏楽誌「GO!GO!吹奏楽 」監修

2008~2010年 ピアノ音楽誌「レッスンの友」連載

2008年 ピアノ音楽誌「ムジカノーヴァ」2・3月号 特集記事掲載


【著書】

2011年3月 ヤマハミュージックメディア

演奏者のカラダストレッチ


2009年11月 ヤマハミュージックメディア

ピアノ演奏のためのボディ・チューニング



Instagram

Instagramの写真を取得できませんでした。


    Twitter



    パーソナルトレーニングの予約・お問い合わせは以下からお願いいたします。

    問い合わせフォーム

    Mail:bodytect@gmail.com

    担当:荻山 悟史/Satoshi Ogiyama

    LINE公式アカウントからもお問い合わせいただけます。